privacy polycy
settlement page
 
魚種・テーマでの索引はここをクリック
 
   Back No.
No.246  ハマフエフキ      令和6年 56月号
No.245  シロアマダイ      令和6年 5月号
No.244  生ニシン        令和6年 4月号
No.243  生で食べるマエソ    令和6年 3月号
No.242  活き締めホッケ料理    令和6年 2月号
No.241  あの時思っていたことは、今・・・    令和6年 1月号
No.240  これが主役・・・?
令和5年 12月号
No.239  日出ずる国の原点
令和5年 11月号
No.238  国内養殖生サーモン
令和5年 10月号
No.237  カサゴS.K.U.
令和5年 9月号
No.236  全方位鮨鉢盛り
令和5年 8月号
No.235  養殖カワハギ刺身&鮨
令和5年 7月号
No.234  有明海の珍魚
令和5年 6月号
No.233  メヒカリ料理
令和5年 5月号
No.232  シロザメ刺身&湯引き
令和5年 4月号
No.231  貝料理
令和5年 3月号
No.230  キングクラブ類
令和5年 2月号
No.229 ミニマム刺身盛り合わせ
令和5年 1月号
No.228 トクビレ刺身と鮨
令和4年 12 月号
No.227 ベニズワイガニと境港
令和4年 11 月号
No.226 トラフグ刺身
令和4年 10 月号
No.225 サンマ〜、戻って来いよ
令和4年 9 月号
No.224 おもてなし旬鮮刺身盛
令和4年 8 月号
No.223 旬鮮刺身盛り合わせ
令和4年 7 月号
No.222 キジハタ商品化
令和4年 6 月号
No.221 戦争と魚
令和4年 5 月号
No.220 シロギス料理
令和4年 4 月号
No.219 海水入りアサリ
令和4年 3 月号
No.218 キチジ料理      令和4年 2月号
No.217 魚売場が生き残る道  令和4年 1月号
No.216 浮袋からニカワ、発声筋のヒレ肉  令和3年12月号
No.215 伊勢エビを求めたが  令和3年11月号
No.214 正露丸で安心、胡麻サバ  令和3年10月号
No.213 魚屋は真夜中に刺身を引き始める  令和3年 9月号
No.212 カツオ・イカ紅白刺身盛り合わせ  令和3年 8月号
No.211  肝なしウスバハギ刺身&鮨  令和3年 7月号
No.210  でかいタチウオ   令和3年 6月号
No.209 モンゴウイカ商品   令和3年 5月号
No.208 ビンナガ若魚平造り  令和3年 4月号
No.207  テングニシ刺身盛り合わせ   令和3年 3月号
No.206  ホウボウ姿造り   令和3年 2月号
No.205  鮭を二日に一切れ  令和3年 1月号
No.204 ハタハタ刺身&にぎり鮨 令和2年 12月号
No.203 青森の魚
令和2年 11月号
No.202 ツムブリ刺身
令和2年 10月号
No.201 チカメキントキ皮揚げ
令和2年 9月号
No.200 シマアジ刺身&鮨
令和2年 8月号
No.199 グルクン刺身姿造り
令和2年 7月号
No.198 スズキの商品化
令和2年 6月号
No.197 カツオ銀皮造り刺身
令和2年 5月号
No.196 ボタンエビ刺身
令和2年 4月号
No.195 ブリ商品
令和2年 3月号
No.194 ニシン骨切り
令和2年 2月号
No.193 魚屋鮨の魅力
令和2年 1月号
No.192 マダラの鍋用切身
令和元年 12月号
No.191 バンコク魚食事情
令和元年 11月号
No.190 ハガツオ刺身&鮨
令和元年 10月号
No.189 塩茹で花咲ガニ
令和元年 9月号
No.188 ベラにぎり鮨
令和元年 8月号
No.187 赤ウニイカ鮨
令和元年 7月号
No.186 イシガキダイ刺身
令和元年 6月号
No.185 アオダイ刺身
令和元年 5月号
No.184 ヨコワで作る刺身と鮨
平成31年 4月号
No.183 スルメイカを美味しく
平成31年 3月号
No.182 改めて、明太子とは?
平成31年 2月号
No.181 魚売場の活性化
平成31年 1月号
No.180 メスは冬、オスは夏
平成30年 12月号
No.179-2豊かな自然と多民族都市バンクーバー
平成30年 11月号
No.179-1成長企業がシアトルの未来を変える
平成30年 11月号
No.178ヒラスズキ鮨&切身
平成30年 10月号
No.177 メイチダイ刺身&鮨
平成30年 9月号
No.176 店内手作りタコ
平成30年 8月号
No.175 ウナギ鮨盛合わせ
平成30年 7月号
No.174 マアジのバラエティ
平成30年 6月号
No.173 ヒメダイ姿造り刺身
平成30年 5月号
No.172 クロダイ料理
平成30年 4月号
No.171 ヒメシャコガイ姿造り刺身
平成30年 3月号
No.170 ヌマガレイ刺身&にぎり鮨
平成30年 2月号
No.169 魚屋鮨スタイル
平成30年 1月号
No.168 ズワイガニ付加価値商品
平成29年 12月号
No.167 イタリア魚料理の一端
平成29年 11月号
No.166 シログチの平造り刺身にぎり鮨・切身
平成29年 10月号
No.165 アカヤガラにぎり鮨&薄造り刺身
平成29年 9月号
No.164 オオシタビラメにぎり鮨&薄造り刺身
平成29年 8月号
No.163 センネンダイ薄造り&炙り刺身
平成29年 7月号
No.162 スズメダイ料理
平成29年 6月号
No.161 イトヨリ昆布締平造り
平成29年 5月号
No.160 メナダ薄造り刺身
平成29年 4月号
No.159 オニカサゴ刺身
平成29年 3月号
No.158 マトウダイ薄造り刺身&にぎり鮨
平成29年 2月号
No.157 魚職不朽
平成29年 1月号
No.156 ヒラアジ薄造り刺身
平成28年 12月号
No.155 上海蟹料理
平成28年 11月号
No.155-2 上海魚料理
平成28年 11月号
No.154 赤イサキ刺身&鮨
平成28年 10月号
No.153 アオハタ薄造り刺身
平成28年 9月号
No.152 コシナガマグロ平造り刺身
平成28年 8月号
No.151 アカエイの刺身&鮨
平成28年 7月号
No.151-2 アカエイ料理
平成28年 7月号
No.150 アユの背越し姿造り
平成28年 6月号
No.150-2 アユの姿鮨
平成28年 6月号
No.149 スジアラ炙り刺身
平成28年 5月号
No.148 ミンク鯨畝須スライス
平成28年 4月号
No.148-2 ミンク鯨赤身の刺身&にぎり鮨
平成28年 4月号
No.147 スマの炙り平造りとにぎり鮨
平成28年 3月号
No.146 オヒョウ刺身
平成28年 2月号
No.145 ナマズ刺身薄造り
平成28年 1月号
No.145-2 ナマズにぎり鮨
平成28年1月号
No.144 ソロバン玉の串焼き
平成27年12月号
No.144-2 ボラの洗い造り
平成27年12月号
No.143 海を隔てた魚食の違い
平成27年11月号
No.143-2 海を隔てた魚食の違い
平成27年11月号
No.142 マイワシづくし(刺身&にぎり鮨)
平成27年10月号
No.141 ヒラマサ切身姿売り
(平成27年9月号)
No.140 グルクマ刺身平造り
(平成27年8月号)
No.139-2 トコブシ刺身盛合わせ
(平成27年7月号)
No.139-1 トコブシ刺身盛合わせ
(平成27年7月号)
No.138 活アイゴ平造り
(平成27年6月号)
No.137 マナガツオ炙り平造り(平成27年5月号)
No.136 ハマダイ骨付き頭付き切身(平成27年4月)
No.135 サヨリ姿造り・にぎり鮨・酢の物(平成27年3月)
No.134 真鯛にぎり鮨(平成27年2月号)
No.133 生魚対面裸売りの勧め(平成27年1月号)
No.132 イラの刺身(平成26年12月号)
No.131 ロブスター刺身姿造り(平成26年11月号)
No.130 真サバ炙り平造り(平成26年10月号)
No.129 紅鮭ステーキ(平成26年9月号)
128 コイの洗い(平成26年8月号)
127 旬線刺身盛合わせ(平成26年7月号)
126 エツ刺身姿造り(平成26年6月号)
125 メバル薄造り(平成26年5月号)
124 旬のアマダイの鮨と刺身(平成26年4月号)
123 本マグロづくし刺身盛合わせ(平成26年3月号)
122 寒メジナにぎり鮨(平成26年2月号)
121 うなちらし(うな重)平成26年1月号)
120 アルゼンチンアカエビの魅力(平成25年12月号)
119 シドニーフィッシュマーケット(平成25年11月号)
118 生秋鮭焼霜刺身(平成25年10月号)
117 カンパチ腹トロ薄造り(平成25年9月号)
116 イスズミ平造り(平成25年8月号)
115 ヤリイカ姿造り(平成25年7月号)
114 イサキ姿造り(平成25年6月号)
113 ウマヅラハギ薄造り(平成25年5月号)
112 片口鰯にぎり鮨(平成25年4月号)
111 旬鮮刺身ちらし鮨(平成25年3月号)
110 生アナゴにぎり鮨(平成25年2月号)
109 魚屋鮨鉢盛り大トロ5カン入り(平成25年1月号)
108 アラちゃんこ鍋(平成24年12月号)
107 サーモンレタス裏巻き(平成24年11月号)
106 秋太郎平造り(平成24年10月号)
105 コノシロ糸造り(平成24年9月号)
104 活鱧の刺身(平成24年8月号)
103 Bad money drives out good money(平成24年7月号)
102 コチ薄造り(平成24年 6月号)
No.101 キビナゴ開き造り(平成24年 5月号)
No.100 アトランティックサーモン薄造り(平成24年 4月号)
100号より前の既刊号を見る

食品商業誌寄稿文

食品商業2020年3月号
食品商業2019年11月号
食品商業2019年10月号
食品商業2019年7月号
食品商業2019年3月号
食品商業2019年3月号-2
食品商業2018年12月号
食品商業2018年9月号
食品商業2018年6月号
食品商業2018年3月号
食品商業2018年1月号
食品商業2017年10月号
食品商業2017年6月号
食品商業2017年4月号
食品商業2016年9月号
食品商業2016年6月号
食品商業2016年4月号
食品商業2016年3月号
食品商業2015年12月号
食品商業2015年7月号
食品商業2015年3月号
食品商業2015年2月号
食品商業2013年7月号
食品商業2013年6月号
食品商業2013年5月号
食品商業2013年4月号
食品商業2013年2月号
食品商業2012年10月号
食品商業2012年9月号


SSLで安全を得たい方は、以下のURLにアクセスすれば、サイト内全てのページがセキュリティされたページとなります。
https://secure02.blue.shared-server.net/www.fish-food.co.jp/

ようこそ FISH FOOD TIMES へ

鮮魚コンサルタントが毎月更新する魚の知識と技術のホームページ

令和 6年 7月号  247

天然ヒメマス


古い歴史を持つ放流魚

北海道支笏湖産のヒメマスが5尾手に入った。

その姿は全体が銀白色に輝いて非常にきれいで、それらを見た感じはとても良い印象だった。1尾の画像を拡大してみても、以下のように鮮度抜群に見えた。

いつもお世話になっているスーパーの魚売場には、以下のようなPOPが掲示してあり、氷水入りの発泡スチロール箱に入れられた状態のまま、1尾398円の売価が付けられ裸売りされていた。

このヒメマスは北海道支笏湖産であり、魚市場経由で仕入れられていたものだった。POPにあるように、筆者は最初に天然という表示に惹かれ、その適度な大きさ、値頃感、更に何と言っても銀白色に光った鮮度感は抜群であり、刺身にも出来るという説明も受けたので購入することにした。

魚売場でお馴染みの紅サケはヒメマスと同じ魚種である。ヒメマスは米国,カナダ,カムチャツカ,北海道などに分布し、湖沼残留型(陸封型)のものを指し、その一生を湖沼で生活する。いっぽう紅サケは、カリフォルニア沿岸から北太平洋に分布する湖沼へと流入する河川で産卵し、孵化した稚魚は湖沼に入り1〜5年湖沼生活をした後に海へ降海し、海洋生活を1〜3年した後遡上して産卵する。

ヒメマスは1894年(明治27年)に北海道阿寒湖から支笏湖に初めて移植され放流された古い歴史がある。それ以降は国内で60ヶ所以上の湖沼にヒメマスの定着が試みられたようだが、現在は青森県の十和田湖を始めとして、北海道洞爺湖、福島県沼沢湖、栃木県中禅寺湖、神奈川県芦ノ湖、山梨県の西湖及び本栖湖、長野県青木湖などで重要な漁業資源となっているようである。

一般的に海で育つ天然のサケやマスは、日本海裂頭条虫(サナダムシの一種)やアニサキスなどの寄生虫が潜んでいる可能性があり、食中毒を避けるためにサケやマスの天然魚を生食する場合は一度冷凍してから刺身などにすることが勧められている。しかしこのヒメマスは湖で生まれてから紅サケのように海へ降ることなく、諺として「清水に魚棲まず」と言われるような他の魚種があまりにも水が清浄過ぎて棲息できない湖でその一生を送るため、ヒメマスには寄生虫が存在していることを心配をしなくて良く、冷凍作業を経なくても生食が出来るのである。 


鮮度判断

今回入手したヒメマスは生食することも目的の一つとしていたのだが、実は鮮度的な問題で最初の5尾を廃棄処分して、新しく入荷したものを再入手したという経緯があるのだ。

最初のヒメマスは土曜日に5尾購入したのだが、内臓は形を留めず流れ、腹骨はすべて腹腔から外れて浮いていたので、腹出し作業の段階で廃棄処分をした。そして、2回目の分は月曜日の朝早い時間に店に行き、その朝に魚市場から入荷したばかりのヒメマスを土曜日の分と交換という形にしてもらい、お金を払わずに入手することが出来た。

ヒメマスの鮮度状態
1回目 2回目

 

ところが上の画像にあるように、2回目に入手した分は1回目の分よりまだましではあるものの、やはり内臓は流れ、腹骨は浮き出ていたのである。

そこで、2回目はヒメマスの腹を開けた段階で内臓部分の臭いを嗅いでみたところ、まったく腐敗臭はしないのである。筆者の判断として、これは淡水魚特有の弱点なのかもしれないと考え、とりあえず三枚おろしをしてみて、鮮度状態を見極めることにした。

5尾の内3尾を生食用に向けることにして、これらを三枚おろしにしてピンボーン抜き作業まで終えると、以下のような状態だった。

そして、皮引きを終えると以下のようになった。

筆者はこの鮮度状態ならば生食に使えると判断し、刺身、鮨、サラダに1尾分ずつ使うことにした。

そして完成したのが以下の画像である。刺身は半身分を使って薄造りが7切れずつの1尾分で2山なので、1尾で14切れになり、鮨は半身を3カンにカットし、1尾分で6カンになった。

次にサラダは、ヒメマス1尾分を16切れにカットし、サラダ菜、オニオンスライス、ミニトマトと一緒に盛りつけている。

生食の料理として以上のようなものが完成し、その見た目としては特に問題ないものが出来上がったが、後は入手したヒメマスの鮮度的な不安から出発していることから、生食として通用するものかどうかを食べて確認しなければならない。

筆者としては、最後におこなう舌を使った味覚判断を除いた、嗅覚、触覚、視覚などの五感を使っての鮮度判断では、これまでの経験値からすると生食は可能だと判断していたので、最終的に食べてみてから判断するということになった。

その結果は「合格」であった。生サーモン系の独特の柔らかさがあり歯応えはないものの、変な臭みも感じられず、小さな魚体サイズの魚にしては旨みタップリに熟しているという味覚であり、全て美味しく食べられたし、翌日以降になっても腹痛や下痢などの症状は全く生じなかった。


姿焼きと姿揚げ

5尾のヒメマスの重さは小さいので163g、大きいのが216gあり、平均すると180〜200gほどだった。

大きいサイズの3尾を生食用に使ったので、残りの小さなサイズ2尾は小ぶりの姿を活かした姿焼きと姿揚げの料理にすることにした。 先ずは、ヒメマスの姿焼きと姿揚げの下準備作業である。

ヒメマスの姿焼きと姿揚げの下準備作業
1,エラの上に出刃包丁の切っ先の平らな部分を押し当てる。 6,腹腔内部から歯ブラシで内臓をかき出す。その際に、水をかけ流しながら内臓を出来るだけ取りだして除去する。
2,出刃包丁の切っ先の平らな部分を使って、エラをまな板の上に押し下げる。 7,エラと内臓を除去したヒメマスを乾いたタオルの上に載せる。
3,出刃包丁でエラを押さえたまま、魚体を左へとずらし、エラ及び内臓の一部を魚体から分離する。 8,ヒメマスの上にも乾いたタオルを被せる。
4,出刃包丁を逆手にして、肛門から頭部方向へ数pだけ切り開く。 9,ヒメマス全体をタオルで包み込み、特に腹部はしっかり押さえ水分を除去する。
5,切り開いた切り口から、歯ブラシを腹腔内部へ入れ込む。 10,ヒメマスの姿焼きと姿揚げの準備が整った。

 

ヒメマス料理の下準備が終わったので、串打ちの作業に取り掛かった。ところが、これがなかなか思うような形にはならなかった。ヒメマスが柔らかすぎて、尾ビレが上方向へ立ち上がる形として定まらず、横に倒れてしまうのである。

何度か理想の形にしようと試みたが、結局は諦めて「踊り串とは魚が踊るような様子」が少しでも表現できれば良しとして、2尾がそれぞれグリルと油の中でどういう形に収まるか、その成り行きに任せることにしたのだった。串打ちに慣れた方から見ると笑われるような仕上がりかもしれず、これを読者の皆さん方にお見せするのは恥ずかしい限りであるが、ご勘弁願いたい。

ヒメマスの姿焼きと姿揚げの作業工程
1,平金串を使って串打ちし、魚全体に振り塩をする。 1,竹串で串打ちして、魚全体に塩コショウを振りかける。
2,各ヒレに化粧塩を施す。 2,小麦粉を魚全体に満遍なくまぶす。
3,グリルで焼き上がった状態。 3,180度の油温で揚げる。
4,金串を抜き取り、化粧塩を払い落として皿に盛りつけ完成。 4,まだ魚体温が冷めないうちに竹串を抜き取り、皿に盛って完成。

 

完成したヒメマスの姿焼きと姿揚げの料理を味わってみると、まさにサケマス類の味そのものであった。

筆者は自宅では基本として毎朝必ず「サケの塩焼き」を食べている。購入するのはパックに2〜3切れ入ったサケのパック商品ではなく、真空袋に半身分入った冷凍の紅サケや銀サケなどを月に平均で4枚ほど購入している。これを筆者自身で切身にカットし、1枚ずつフィルムに巻いて冷蔵庫の冷凍室に保管し、食べる前日に必要量を冷蔵庫に移して緩慢解凍し、翌朝にグリルで焼いて食べることが筆者のほぼ毎日の食習慣なのだ。

そういう食習慣を続けている筆者だから、ヒメマスの姿焼きと姿揚げに箸を入れ食してみると、その感想は「アッ、毎朝食べているあのサケと同じ味だ・・・」と感じた。つまり、自分自身が慣れ親しんだ味に出会い、ヒメマスは美味しい魚だと思ったのである。


水産物の物流と2024年問題

こうして5尾のヒメマスを料理として使い終わったのであるが、やはり残念なのは購入したヒメマスの腹腔内部の状態が鮮度抜群とは言えない状態だったことである。内臓は形を崩し、腹骨が腹腔から外れて浮いていなければ、ヒメマスの味はとても良いのでもっと高く評価されるはずなのに残念としか言いようがない。

ヒメマスを1回目に購入した土曜日時点で、筆者はその状態に呆れて直ぐに廃棄処分したのだが、2回目の分は月曜日に魚市場から店に入荷したばかりのヒメマスであり、土曜日の分と大差はない鮮度状態だったのを確認しているので、それは間違いなく店段階で保管期間を長くしたことによる鮮度劣化ではないのは証明されている。

また、土曜日に筆者はヒメマスの鮮度状態を画像付きのメッセージで店に連絡を入れていたので、このことは魚市場にも店から連絡はされていると思われ、魚市場はその一連の流れを踏まえた対応をとっているに違いないと判断している。そういう前提に立つと、次はその前の段階として、北海道から九州への物流でどれだけの日数を要したのかということが問題として浮上してくることになる。

2024年4月から、ドライバーの時間外労働時間上限が960時間に制限され、働き方改革関連法が物流業界で義務付けられたが、そのことに十分対応できていないこともその一因として考えられないことではないだろうと考えている。

新たな働き方改革関連法では、トラックドライバーに対して4時間の運転ごとに30分の休憩を取ることが求められ、今まで1人で問題なく運転していた距離であっても、2人のドライバーによるリレー形式の輸送で対応しなければならないケースも出てきている。休憩を挟みながらの輸送やリレー形式となると、これまでより運送にかかる時間が長くなり、人件費が嵩むことによって輸送料金が上がる懸念も生じている。

また、水産物の輸送は魚市場などで「直前まで出荷量が確定しない」、「魚市場での荷降ろし時間が長い」など特有の事情も抱えているが、現状では水産物の輸送のほとんどはトラック輸送に依存している実態があり、魚の輸送時間が長引けば長引くほど鮮度の低下を招いたり、競りに間に合わなくなったりする橋渡り的な危険性も出てくるのである。

例えば、北海道や九州の産地から漁業者が新鮮な水産物を都市部に送ろうとしても、有効な手段が見つからなければ鮮度低下に直結するリスクがあり、魚の鮮度が下がってしまったら競合する業者とまともに戦えないことも有り得るのである。 このリスクは、北海道や九州の地域のように産地と都市部の大消費地が離れているほど顕著になる。 

今回取り扱ったヒメマスは北海道支笏湖産だったけれど、北海道の地をいつ出発し、どのようなルートを経由して、主にどんな輸送手段を使って九州まで運ばれてきたのか、そのことは推測するしかない。たぶん、ほとんどの輸送手段はトラックだったのではないかと思われる。

もともとは素晴らしい清浄な水を湛えた支笏湖で生まれ育ったヒメマスが、本来の姿をしっかり見せられないことは実にもったいない話である。筆者は今回取り扱ったヒメマスをFISH FOOD TIMESの2024年7月号でどうしても採りあげたかったので、多少強引な形で調理作業を進め、生食の刺身・鮨・サラダにしたのだが、鮮度の見極め経験が豊富でない一般の人が、生サバのような魚と同じ感覚で、今回のヒメマスの腹腔内部状態を見たら、刺身などにする勇気はなかったと思われる。

結果として、ヒメマスを食しても何ら問題なく刺身・鮨・サラダで食すことが出来たし、その後身体的な異常も生じていないので、生食鮮度として合格だったのだ。しかし、もし北海道の産地業者の方が今後支笏湖産ヒメマスを九州でも安定して販売していこうと考えるならば、現時点の物流課題をどう改善するか対策を打つべきであろう。

この課題にどう対処するのか、いくつかの選択肢があると思うが、参考のために最近発表されたホットな情報を以下に記して、今月号を閉じたいと思う。

先月6月10日(月)に、JALは(株)ルーフィとの協業による空陸一貫輸送サービス「ハコJET」を深化させ、特産品の鮮度を維持した輸送に特化した新配送サービス「J-AIR直鮮サービス」を6月17日より開始すると発表した。

これまで、航空貨物輸送を利用する場合は空輸の手配と陸輸を別々に手配する必要があったが、この輸送方式によりJALの国内線ネットワークとルーフィの荷主をつなぐ「空陸一貫物流」を実現し、遠距離でも時間を指定できる国内初の3温度帯の当日配送マッチングサービスという新たな価値を提供するとのことだ。J-AIRのホームページに掲載されている具体的イメージは以下の図の通りである。

J-AIR直鮮サービスの利用条件は、

そして、肝心の配送コストは荷主側の商品や物量の内容によって変化すると思われるので、ここに記すことは難しい。1尾398円で販売されていたヒメマスが直鮮サービスの配送コストに合うのかどうか、疑問を持たざるを得ないところだが、とりあえず最新の情報として簡単に記すことにした。

いつの日か、素晴らしい鮮度のまま北海道から送られてきたヒメマスを扱うことが出来る日を待ちたいものである。


SSLで安全を得たい方は、以下のURLにアクセスすれば、サイト内全てのページがセキュリティされたページとなります。
https://secure02.blue.shared-server.net/www.fish-food.co.jp/

水産コンサルタント樋口知康が月に一度更新している
このホームページへのご意見やご連絡は info@fish food times

                 更新日時 令和 6年 7月 1日