魚種・テーマでの索引はここをクリック
Back No.
No.197 スズキの商品化
令和2年 6月号
No.196 カツオ銀皮造り刺身
令和2年 5月号
No.197 ボタンエビ刺身
令和2年 4月号
No.195 ブリ商品
令和2年 3月号
No.194 ニシン骨切り
令和2年 2月号
No.193 魚屋鮨の魅力
令和2年 1月号
No.192 マダラの鍋用切身
令和元年 12月号
No.191 バンコク魚食事情
令和元年 11月号
No.190 ハガツオ刺身&鮨
令和元年 10月号
No.189 塩茹で花咲ガニ
令和元年 9月号
No.188 ベラにぎり鮨
令和元年 8月号
No.187 赤ウニイカ鮨
令和元年 7月号
No.186 イシガキダイ刺身
令和元年 6月号
No.185 アオダイ刺身
令和元年 5月号
No.184 ヨコワで作る刺身と鮨
平成31年 4月号
No.183 スルメイカを美味しく
平成31年 3月号
No.182 改めて、明太子とは?
平成31年 2月号
No.181 魚売場の活性化
平成31年 1月号
No.180 メスは冬、オスは夏
平成30年 12月号
No.179-2豊かな自然と多民族都市バンクーバー
平成30年 11月号
No.179-1成長企業がシアトルの未来を変える
平成30年 11月号
No.178ヒラスズキ鮨&切身
平成30年 10月号
No.177 メイチダイ刺身&鮨
平成30年 9月号
No.176 店内手作りタコ
平成30年 8月号
No.175 ウナギ鮨盛合わせ
平成30年 7月号
No.174 マアジのバラエティ
平成30年 6月号
No.173 ヒメダイ姿造り刺身
平成30年 5月号
No.172 クロダイ料理
平成30年 4月号
No.171 ヒメシャコガイ姿造り刺身
平成30年 3月号
No.170 ヌマガレイ刺身&にぎり鮨
平成30年 2月号
No.169 魚屋鮨スタイル
平成30年 1月号
No.168 ズワイガニ付加価値商品
平成29年 12月号
No.167 イタリア魚料理の一端
平成29年 11月号
No.166 シログチの平造り刺身にぎり鮨・切身
平成29年 10月号
No.165 アカヤガラにぎり鮨&薄造り刺身
平成29年 9月号
No.164 オオシタビラメにぎり鮨&薄造り刺身
平成29年 8月号
No.163 センネンダイ薄造り&炙り刺身
平成29年 7月号
No.162 スズメダイ料理
平成29年 6月号
No.161 イトヨリ昆布締平造り
平成29年 5月号
No.160 メナダ薄造り刺身
平成29年 4月号
No.159 オニカサゴ刺身
平成29年 3月号
No.158 マトウダイ薄造り刺身&にぎり鮨
平成29年 2月号
No.157 魚職不朽
平成29年 1月号
No.156 ヒラアジ薄造り刺身
平成28年 12月号
No.155 上海蟹料理
平成28年 11月号
No.155-2 上海魚料理
平成28年 11月号
No.154 赤イサキ刺身&鮨
平成28年 10月号
No.153 アオハタ薄造り刺身
平成28年 9月号
No.152 コシナガマグロ平造り刺身
平成28年 8月号
No.151 アカエイの刺身&鮨
平成28年 7月号
No.151-2 アカエイ料理
平成28年 7月号
No.150 アユの背越し姿造り
平成28年 6月号
No.150-2 アユの姿鮨
平成28年 6月号
No.149 スジアラ炙り刺身
平成28年 5月号
No.148 ミンク鯨畝須スライス
平成28年 4月号
No.148-2 ミンク鯨赤身の刺身&にぎり鮨
平成28年 4月号
No.147 スマの炙り平造りとにぎり鮨
平成28年 3月号
No.146 オヒョウ刺身
平成28年 2月号
No.145 ナマズ刺身薄造り
平成28年 1月号
No.145-2 ナマズにぎり鮨
平成28年1月号
No.144 ソロバン玉の串焼き
平成27年12月号
No.144-2 ボラの洗い造り
平成27年12月号
No.143 海を隔てた魚食の違い
平成27年11月号
No.143-2 海を隔てた魚食の違い
平成27年11月号
No.142 マイワシづくし(刺身&にぎり鮨)
平成27年10月号
No.141 ヒラマサ切身姿売り
(平成27年9月号)
No.140 グルクマ刺身平造り
(平成27年8月号)
No.139 トコブシ刺身盛合わせ
(平成27年7月号)
No.138 活アイゴ平造り
(平成27年6月号)
No.137 マナガツオ炙り平造り(平成27年5月号)
No.136 ハマダイ骨付き頭付き切身(平成27年4月)
No.135 サヨリ姿造り・にぎり鮨・酢の物(平成27年3月)
No.134 真鯛にぎり鮨(平成27年2月号)
No.133 生魚対面裸売りの勧め(平成27年1月号)
No.132 イラの刺身(平成26年12月号)
No.131 ロブスター刺身姿造り(平成26年11月号)
No.130 真サバ炙り平造り(平成26年10月号)
No.129 紅鮭ステーキ(平成26年9月号)
128 コイの洗い(平成26年8月号)
127 旬線刺身盛合わせ(平成26年7月号)
126 エツ刺身姿造り(平成26年6月号)
125 メバル薄造り(平成26年5月号)
124 旬のアマダイの鮨と刺身(平成26年4月号)
123 本マグロづくし刺身盛合わせ(平成26年3月号)
122 寒メジナにぎり鮨(平成26年2月号)
121 うなちらし(うな重)平成26年1月号)
120 アルゼンチンアカエビの魅力(平成25年12月号)
119 シドニーフィッシュマーケット(平成25年11月号)
118 生秋鮭焼霜刺身(平成25年10月号)
117 カンパチ腹トロ薄造り(平成25年9月号)
116 イスズミ平造り(平成25年8月号)
115 ヤリイカ姿造り(平成25年7月号)
114 イサキ姿造り(平成25年6月号)
113 ウマヅラハギ薄造り(平成25年5月号)
112 片口鰯にぎり鮨(平成25年4月号)
111 旬鮮刺身ちらし鮨(平成25年3月号)
110 生アナゴにぎり鮨(平成25年2月号)
109 魚屋鮨鉢盛り大トロ5カン入り(平成25年1月号)
108 アラちゃんこ鍋(平成24年12月号)
107 サーモンレタス裏巻き(平成24年11月号)
106 秋太郎平造り(平成24年10月号)
105 コノシロ糸造り(平成24年9月号)
104 活鱧の刺身(平成24年8月号)
103 Bad money drives out good money(平成24年7月号)
102 コチ薄造り(平成24年 6月号)
No.101 キビナゴ開き造り(平成24年 5月号)
No.100 アトランティックサーモン薄造り(平成24年 4月号)
100号より前の既刊号を見る

食品商業誌寄稿文

食品商業2020年3月号
食品商業2019年11月号
食品商業2019年10月号
食品商業2019年7月号
食品商業2019年3月号
食品商業2019年3月号-2
食品商業2018年12月号
食品商業2018年9月号
食品商業2018年6月号
食品商業2018年3月号
食品商業2018年1月号
食品商業2017年10月号
食品商業2017年6月号
食品商業2017年4月号
食品商業2016年9月号
食品商業2016年6月号
食品商業2016年4月号
食品商業2016年3月号
食品商業2015年12月号
食品商業2015年7月号
食品商業2015年3月号
食品商業2015年2月号
食品商業2013年7月号
食品商業2013年6月号
食品商業2013年5月号
食品商業2013年4月号
食品商業2013年2月号
食品商業2012年10月号
食品商業2012年9月号


SSLで安全を得たい方は、以下のURLにアクセスすれば、サイト内全てのページがセキュリティされたページとなります。
https://secure02.blue.shared-server.net/www.fish-food.co.jp/

ようこそ FISH FOOD TIMES へ

鮮魚コンサルタントが毎月更新する魚の知識と技術のホームページ

令和 2年 7月号 199

グルクン

グルクン刺身姿造り


南の島、沖縄

6月になり3ヶ月ぶりの沖縄を訪問した。2008年の春から足かけ13年の間、毎月欠かさず訪問してきた筆者の沖縄での仕事も、新型コロナウイルスの非常事態宣言によって、4月と5月の2ヶ月は中止となっていた。

久しぶりに梅雨が明けた沖縄を訪問して思ったのは、やはり沖縄は夏が一番良い季節だということだった。特に7月8月は本土の気温が35℃から40℃の酷暑に見舞われることが多いのに比較して、沖縄は40℃近くになることはあまりなくて本土との気温差はほぼなく、島特有の海風が肌に心地よく、ずっと北にある本土の内陸の夏より、南の沖縄の方が過ごしやすいと感じる。

逆に沖縄の季節で過ごしにくいと感じるのは春ではないかと思う。沖縄の春はどんよりと曇った日が多く、気温は30℃を超えることも珍しくなく、春はまだ本土の気温が20℃以下に冷え込むこともあるような時に沖縄を訪問すると、10℃〜15℃の大きな寒暖差に晒されることになり、筆者が通常4日間滞在する沖縄から寒い本土に戻った時、大きな気温差があると体調を崩しそうになることもある。

筆者は沖縄だけでなく、奄美大島や徳之島、喜界島などの南西諸島にも、それぞれ合計すると10年ほど仕事で訪問していたが、今は南西諸島での仕事はなくなっている。つまり、沖縄と南西諸島で延べ22年間も魚のコンサルタントとして仕事をしてきたので、本土に住んでいる人間とすると、誰にも負けないくらい南の海に棲息する多くの魚を扱って来たし、同時にそれらを自分の舌で味わってきたと自負している。

ところが、南の海には非常に数多くの種類の魚が棲息していて、これだけ長く南の海の魚に接する機会が多くても、まだまだ多くの魚の名前を覚えきれなくて苦労している。そして、それらはそれぞれにとても良く似た兄弟種が存在しているので、これらの違いを明確に判別できないことが多々あるのだ。


グルクン

例えば巻頭画像のグルクンである。このグルクンは沖縄ではアカジューグルクンという名前で呼ばれる(ヒラーグルクンと呼ぶ地域もある)分類としてはスズキ系スズキ目スズキ亜目タカサゴ科タカサゴ属ウメイロモドキである。

タカサゴ

この魚を扱った時、同時に仕入れられたグルクンは以下の画像だった。

グルクン

この魚はウクーグルクンと呼ばれている。スズキ系スズキ目スズキ亜目タカサゴ科クマササハナムロ属クマササハナムロである。

そして、次が本家本元のグルクン、正式和名タカサゴである。スズキ系スズキ目スズキ亜目タカサゴ科クマササハナムロ属タカサゴであり、沖縄ではカブクワーグルクンと呼ばれている。しかし、おかしなことにこのタカサゴはタカサゴ属ではなくクマササハナムロ属なのである。

タカサゴ

筆者は最初このウクーグルクンとカブクワーグルクンとの違いさえ分からず苦労したものだが、もっと面倒なことにニセタカサゴ(同じカブクワーグルクンの名称で通じ明確に区別されていない)というのがいて、これが非常に見分けづらい。魚体を縦に走る細い測線が太めのラインと離れ、このラインが側線の下にあるのがグルクン。そして側線とラインがくっついているように見えるのがニセタカサゴということなのだが、そんなの「言うは易く、見分けるは難し」だ。

沖縄や奄美の水産関係者は直ぐ簡単にこれらを見分けるので驚いたものだ。やはり、しっかり見分けるには系統的に特徴を掴んで区別しなければならないが、琉球大学大学院理工学研究科の佐久本孟寿氏が沖縄県海洋技術センター資料に執筆されたグルクン(タカサゴ科)の分類は以下のようにされている。

グルクン

この資料によると、グルクンの仲間は4属10種がいて、比較的小さな魚であり大きくてもせいぜい30pまでしかならない。寿命は比較的長く15年ほどあり、なかには30年生きるものもいるとのことである。産卵期は初夏から夏であり、まさに今の時期にグルクンが多く漁獲されているようである。

上画像はネットに発表されている資料だが、以下の画像はラミネートされた資料を譲り受けたもので、これを筆者がカメラで撮影し、グルクンを見分けるために自分の資料として編集したものである。

グルクン


沖縄の魚の本

上のラミネートされた資料とは、以下のA3サイズに両面コピーされたものであり、合計25ページ分に掲載された魚の数はあまりにも多すぎてカウントしていない。

沖縄魚

この資料を作成されたのは沖縄に在住されていた三浦信男氏である。過去形なのは2017年10月に享年70歳で永眠された方だからである。

筆者は2008年に沖縄に行き始めた頃、足繁く知念市場に顔を出していたが、筆者と同じようにカメラを抱えて、知念市場に水揚げされ床に転がされている魚たちを熱心に撮影している人がいて、この人は何のために魚を撮影しているのだろうとの素朴な疑問を抱いていた。

後になって分かったのだが、魚を熱心に撮っていた人は元沖縄水産高校の先生だった三浦信男氏であり、以下の「知念市場の魚たち」という本を出版するためだったようだ。

2012年1月にカラー版1,300円で発刊されたようで、4年の歳月をかけて販売に漕ぎ着けたとのことだ。まさに2008年からの4年間は筆者と知念市場で度々顔を合わせていた時期と重なり、今思えば撮影と編集に精を出されていた頃なのだろうと推測されるが、今はネットで探してもこの本は手に入らない。

知念魚市場には約600種類ほどの魚が水揚げされるということであり、三浦信男氏はこのような知念市場の魚の多様性に魅せられて、これらを本としてまとめたいと思われたのではないだろうか。


グルクンの刺身商品化

沖縄の魚の多様性に魅せられたのは筆者も同じなのだが、筆者は今もその多様性の幅広さに頭の整理が追いついていっていない。沖縄と南西諸島での延べ22年間で本当に数え切れないほどたくさんの魚に触れて来たという自負はある、しかし何しろ沖縄の県魚とされるグルクンでさえ、入荷した店の現場でその魚を目の当たりにして、その時もう一つ明確な区別を仕切れないでいるレベルであり、最後は店の担当者に確認して判った振りをするのが落ちなのである。

もし、ウクーグルクンを店の担当者にグルクンだと言われてもまだ言い返すほどの自信はなく、ハイそうですかと引き下がるかもしれない。何しろ現地ではウクーグルクンもグルクンの名称で通用するのだ・・・。巻頭画像のアカジューグルクンは同じ沖縄でもヒラーグルクンと呼ぶ地域もあるみたいであり、一体どっちが沖縄での正しい名称なのだと言いたくなるので、簡単に「グルクン刺身姿造り」としている。

以下にウメイロモドキを使った刺身姿造りの工程を紹介しよう。

グルクン刺身姿造りの商品化工程
グルクン グルクン
1、ウロコを除去し三枚におろした皮付きの半身を湯霜にする。 5,均等な長さ、厚さになるよう平造りにする。
グルクン
2,お湯で身の温度を高めないように、砕氷で裏表を包み冷やし込む。 6,皮をひいた半身を別に用意する。
グルクン グルクン
3,湯霜をした皮に縦に二本飾り包丁を入れる。 7、皮なしの身を平造りにする。
グルクン グルクン
4,飾り包丁をした状態。 8,頭部がつながった中骨を据えて、姿造りの台を整える。
グルクン
湯霜平造りと皮なし平造りを一緒に盛りつけたグルクン刺身姿造り

自粛は辟易

6月は筆者の仕事も1社を除きほぼ元通りに仕事が出来ることになったが、1社だけしか仕事がなかった4月と5月は1ヶ月という期間が非常に長く感じた。ところが6月はまさにアッという間に過ぎてしまった。4月5月の2ヶ月間、決して暇を持て余していたわけではなくて、自分なりの課題としてやることがあり、非常に充実した日々ではあったのだが、何故か1ヶ月が非常に長く感じたのはたぶん同じようなことを毎日繰り返していたからではないかと思っている。

同じようなことを繰り返すと言っても、歯車のような繰り返しではなく、次の課題への小さな変化は必ずあって、その課題を乗り越えるための行動も少なからず変化していたけれど、そこは自分だけの限られた小さな世界でのことであって、そこには「社会」という概念が存在していなかった。

テレビ・新聞やネットなどで世の中がどうなっているのかを多少伺い知ることは出来ても、自らの行動による社会との接点が限られていることから、毎日限られた閉鎖空間の中で同じ事を繰り返す堂々巡りのような感覚に陥っていたようである。

6月に入って3ヶ月ぶりに関係先へ顔を出すと、以前の変わらぬ顔ぶれを見るだけでも懐かしく、自分の気持ちとしては「再び社会に戻ってこられた」という風に感じたのだった。やはり人間は、限られた閉鎖空間に身を置いて社会との接点が断ち切られていると、時間がやたら長く感じるし、行動の変化による刺激もなくなり、前向きな発想も浮かばず、たぶん人間の脳も萎縮してしまうのではないかと思われる。

新型コロナウイルスによる非常事態宣言によって世界の動きが大きく変わってしまったけれども、これまでのように行動の自粛によって人々の動きが止まってしまったら、お金は回らず経済活動は停滞し錆び付いてしまうに違いない。世の中は生活する人々が活発に行動し、生産し、消費することによって富が生じ、経済は回っていくものであろう。

もう自粛は辟易である。多少とも富を蓄えている人は、そろそろ消費を活発におこなって自粛による経済的な打撃を受けた人達にもお金が回るようにしていく時期に来ているのではないかと考える。例えば飲食業、宿泊業、航空運輸業などは大打撃を受けて瀕死の状態のようだが、その典型的な地域の一つが沖縄である。沖縄は日本だけではなく、世界中から人々を呼び込んで成り立つ観光立県であり、観光を基盤とする経済が大きな柱となってきたはずである。

「沖縄に来ないで・・・」という県知事さんの言葉はそろそろ撤回し、以前のように那覇市の国際通りに観光客が溢れかえるようにしていくべきではないだろうか。6月時点では久茂地の飲食店街も半分以上がまだ店を閉じたままであり、いつになったら以前のような活気が戻るのか心配な限りである。


沖縄に魚を食べに来て・・・

沖縄県知事さんの言葉を逆手にとって「沖縄に魚を食べに来て・・・」と最後に記しておきたい。

今年2月までの沖縄は日本国中からの観光客だけではなく、中国からのクルーズ船などの立ち寄りも多く、外国の人達も含めた観光客の消費が沖縄の経済を勢いよくしていたようだが、今後当分の間外国からの観光客はほとんど期待できないと予想される。そういう状況の中で、6月24日現在の新型コロナウイルス感染者数は1万人当たりでアメリカが72人、ブラジル56人、スペイン53人であることと比較して、日本では僅か1.4人であり、世界の中ではウイルス拡散の封じ込めにある程度成功していると言える。だから、ウイルス感染リスクの少ない観光客として一番期待できるのは日本国内からだと考えられる。

沖縄県は5月1日以降の新規感染はゼロを続けていて、現時点での県としての封じ込め対策は成功していると見るべきであり、この観点からもそろそろ観光客を呼び込むことを決意しても良いのではないかと思われる。

沖縄県では、6月5日に沖縄県民向けに「おきなわ彩発見キャンペーン」を開始して、予算の5億円を6月中に早々と使い切る勢いのようだが、これで本当に沖縄の観光産業が浮かばれると考えているのだろうか。やはり大事なのは、県外からの観光客を呼び込み、沖縄でお金を落としてもらうようにしなければ効果は限られるのではないかと思う。

例えば「沖縄に魚を食べに来てキャンペーン」のような企画を県外向けに発信し、沖縄で魚料理を食べることを条件に旅行代金を補助してはどうだろう。自分ではなかなか良いアイデアだと思うのだが、読者の皆さんはどう思われるだろうか。沖縄県の偉い人がこのホームページを覗いてくれて「面白い!」と、拳を打って賛同してくれないだろうかな・・・?

この企画なら、沖縄の水産業界は大賛成してくれるはずだし、飲食業界も同じだろうし、観光業界もたぶん賛成してくれるに違いない。

筆者は13年もの長い間毎月沖縄に通い続け、今回2ヶ月間ポッカリと穴が空いたことによって、沖縄を第二の故郷のように親しみを感じている自分を改めて認識することになった。何と言っても、沖縄には12年間で培った親しく濃厚な人間関係が存在している。そのことがこのような感情に大きく影響していると思われる。

そんな親しい人達がこれからも変わらず沖縄で生活していくために、沖縄の経済は観光業を核としてこれからも元気でいてもらわなければならないのである。


SSLで安全を得たい方は、以下のURLにアクセスすれば、サイト内全てのページがセキュリティされたページとなります。
https://secure02.blue.shared-server.net/www.fish-food.co.jp/

水産コンサルタント樋口知康が月に一度更新している
このホームページへのご意見やご連絡は info@fish food times

更新日時 令和 2年 7月 1日