魚種・テーマでの索引はここをクリック
Back No.
No.187 赤ウニイカ鮨
令和元年 7月号
No.186 イシガキダイ刺身
令和元年 6月号
No.185 アオダイ刺身
令和元年 5月号
No.184 ヨコワで作る刺身と鮨
平成31年 4月号
No.183 スルメイカを美味しく
平成31年 3月号
No.182 改めて、明太子とは?
平成31年 2月号
No.181 魚売場の活性化
平成31年 1月号
No.180 メスは冬、オスは夏
平成30年 12月号
No.179-2豊かな自然と多民族都市バンクーバー
平成30年 11月号
No.179-1成長企業がシアトルの未来を変える
平成30年 11月号
No.178ヒラスズキ鮨&切身
平成30年 10月号
No.177 メイチダイ刺身&鮨
平成30年 9月号
No.176 店内手作りタコ
平成30年 8月号
No.175 ウナギ鮨盛合わせ
平成30年 7月号
No.174 マアジのバラエティ
平成30年 6月号
No.173 ヒメダイ姿造り刺身
平成30年 5月号
No.172 クロダイ料理
平成30年 4月号
No.171 ヒメシャコガイ姿造り刺身
平成30年 3月号
No.170 ヌマガレイ刺身&にぎり鮨
平成30年 2月号
No.169 魚屋鮨スタイル
平成30年 1月号
No.168 ズワイガニ付加価値商品
平成29年 12月号
No.167 イタリア魚料理の一端
平成29年 11月号
No.166 シログチの平造り刺身にぎり鮨・切身
平成29年 10月号
No.165 アカヤガラにぎり鮨&薄造り刺身
平成29年 9月号
No.164 オオシタビラメにぎり鮨&薄造り刺身
平成29年 8月号
No.163 センネンダイ薄造り&炙り刺身
平成29年 7月号
No.162 スズメダイ料理
平成29年 6月号
No.161 イトヨリ昆布締め平造り
平成29年 5月号
No.160 メナダ薄造り刺身
平成29年 4月号
No.159 オニカサゴ刺身
平成29年 3月号
No.158 マトウダイ薄造り刺身&にぎり鮨
平成29年 2月号
No.157 魚職不朽
平成29年 1月号
No.156 ヒラアジ薄造り刺身
平成28年 12月号
No.155 上海蟹料理
平成28年 11月号
No.155-2 上海魚料理
平成28年 11月号
No.154 赤イサキ刺身&鮨
平成28年 10月号
No.153 アオハタ薄造り刺身
平成28年 9月号
No.152 コシナガマグロ平造り刺身
平成28年 8月号
No.151 アカエイの刺身&鮨
平成28年 7月号
No.151-2 アカエイ料理
平成28年 7月号
No.150 アユの背越し姿造り
平成28年 6月号
No.150-2 アユの姿鮨
平成28年 6月号
No.149 スジアラ炙り刺身
平成28年 5月号
No.148 ミンク鯨の畝須スライス
平成28年 4月号
No.148-2 ミンク鯨赤身の刺身&にぎり鮨
平成28年 4月号
No.147 スマの炙り平造りとにぎり鮨
平成28年 3月号
No.146 オヒョウ刺身
平成28年 2月号
No.145 ナマズ刺身薄造り
平成28年 1月号
No.145-2 ナマズにぎり鮨
平成28年1月号
No.144 ソロバン玉の串焼き
平成27年12月号
No.144-2 ボラの洗い造り
平成27年12月号
No.143 海を隔てた魚食の違い
平成27年11月号
No.143-2 海を隔てた魚食の違い
平成27年11月号
No.142 マイワシづくし(刺身&にぎり鮨)
平成27年10月号
No.141 ヒラマサ切身姿売り
(平成27年9月号)
No.140 グルクマ刺身平造り
(平成27年8月号)
No.139 トコブシ刺身盛合わせ
(平成27年7月号)
No.138 活アイゴ平造り
(平成27年6月号)
No.137 マナガツオ炙り平造り(平成27年5月号)
No.136 ハマダイ骨付き頭付き切身(平成27年4月)
No.135 サヨリ姿造り・にぎり鮨・酢の物(平成27年3月)
No.134 真鯛にぎり鮨(平成27年2月号)
No.133 生魚対面裸売りの勧め(平成27年1月号)
No.132 イラの刺身(平成26年12月号)
No.131 ロブスター刺身姿造り(平成26年11月号)
No.130 真サバ炙り平造り(平成26年10月号)
No.129 紅鮭ステーキ(平成26年9月号)
128 コイの洗い(平成26年8月号)
127 旬線刺身盛合わせ(平成26年7月号)
126 エツ刺身姿造り(平成26年6月号)
125 メバル薄造り(平成26年5月号)
124 旬のアマダイの鮨と刺身(平成26年4月号)
123 本マグロづくし刺身盛合わせ(平成26年3月号)
122 寒メジナにぎり鮨(平成26年2月号)
121 うなちらし(うな重)平成26年1月号)
120 アルゼンチンアカエビの魅力(平成25年12月号)
119 シドニーフィッシュマーケット(平成25年11月号)
118 生秋鮭焼霜刺身(平成25年10月号)
117 カンパチ腹トロ薄造り(平成25年9月号)
116 イスズミ平造り(平成25年8月号)
115 ヤリイカ姿造り(平成25年7月号)
114 イサキ姿造り(平成25年6月号)
113 ウマヅラハギ薄造り(平成25年5月号)
112 片口鰯にぎり鮨(平成25年4月号)
111 旬鮮刺身ちらし鮨(平成25年3月号)
110 生アナゴにぎり鮨(平成25年2月号)
109 魚屋鮨鉢盛り大トロ5カン入り(平成25年1月号)
108 アラちゃんこ鍋(平成24年12月号)
107 サーモンレタス裏巻き(平成24年11月号)
106 秋太郎平造り(平成24年10月号)
105 コノシロ糸造り(平成24年9月号)
104 活鱧の刺身(平成24年8月号)
103 Bad money drives out good money(平成24年7月号)
102 コチ薄造り(平成24年 6月号)
No.101 キビナゴ開き造り(平成24年 5月号)
No.100 アトランティックサーモン薄造り(平成24年 4月号)
100号より前の既刊号を見る

食品商業誌寄稿文

食品商業2019年7月号
食品商業2019年3月号
食品商業2019年3月号-2
食品商業2018年12月号
食品商業2018年9月号
食品商業2018年6月号
食品商業2018年3月号
食品商業2018年1月号
食品商業2017年10月号
食品商業2017年6月号
食品商業2017年4月号
食品商業2016年9月号
食品商業2016年6月号
食品商業2016年4月号
食品商業2016年3月号
食品商業2015年12月号
食品商業2015年7月号
食品商業2015年3月号
食品商業2015年2月号
食品商業2013年7月号
食品商業2013年6月号
食品商業2013年5月号
食品商業2013年4月号
食品商業2013年2月号
食品商業2012年10月号
食品商業2012年9月号

SSLで安全を得たい方は、以下のURLにアクセスすれば、サイト内全てのページがセキュリティされたページとなります。
https://secure02.blue.shared-server.net/www.fish-food.co.jp/

ようこそ FISH FOOD TIIMES へ

鮮魚コンサルタントが毎月更新する魚の知識と技術のホームページ

令和元年 8月号 188

ベラにぎり鮨


500種もの親類がいる海の中の一大血族

今回取り扱うベラを購入に際して、店の人にベラが欲しいと一言告げると、彼は途端にこれでもかとばかりにどんどん袋に入れていくので、筆者はその動きをやっと制止したのだが、袋いっぱいでもベラは安いものだった。たぶん、彼はあまり買い手がいなくて売るのに困ることが多いので、買う気のある人にたくさん押しつけようとしたのだろう、ベラという魚はそんな風に人気があまりない魚なのである。

以下の画像がその時に購入したベラである。上のオレンジ色はスズキ目ベラ亜目ベラ科ササノハベラ属アカササノハベラであり、下の緑がかったのは同じベラでもスズキ目ベラ亜目ベラ科ササノハベラ属ホシササノハベラである。このように正確に言えば別の種類の違うベラなのだが、魚屋さんでそこまで区別して売っているところはなく、どちらもベラで通用しているのである。

ベラ

また同じように、下の画像も上がアカササノハベラであり下はホシササノハベラなのだが、このようにまったく同じ魚種でも色や形が微妙に違ってくるだけでなく、性別や成長の度合いによって様々な色があり、この他にどんな色のベラがあっても驚いてはいけないのだ。

ベラ

このように様々な色があるのはベラの「ハーレム」と関係があるらしい。ベラは雄が縄張りを持っていて、羨ましいことに縄張りのなかに囲っている複数の雌と繁殖をおこなう一夫多妻制なのである。ベラは幼少期から成長途上の時はほぼすべてが雌であり、成長すると性転換をして雄になる「雌性先熟」という特徴を持っていて、大きくなって雄になったらハーレムをつくるために、雌を惹きつけるための派手な体色になると言われているのである。

雄のベラはハーレムの縄張りと雌の確保を巡って雄同士で激しく争うために、体の小さい雄は縄張りを持てずに繁殖の機会が少なくなることから、自分の子孫を残すために小さい頃は雌として繁殖を行い、大きくなって縄張りを持てる大きさになり、何らかの理由でハーレムの頂点にいる雄が死んだりすると、ハーレムの中の一番大きな雌が雄に性転換するとのことだ。

この独特な「雌性先熟」をおこなう魚は、ベラの親戚筋にあたるベラ亜目であるブダイも同じだということだ。確かにド派手な体色はベラもブダイも同じで、魚体表面がヌルヌルして粘液質なのも同じであり、昼間に行動して夜は休息して眠りにつく生態も同じである。違うのは10pから30pほどの比較的小さなサイズのベラと1mもの大きさにもなるブダイ、それに食性がベラは肉食性でブダイは珊瑚などに付いた海藻を食べる草食性であるのが違うだけで、ベラとブダイは色々と似たような側面をいくつも持っている。


釜山でのベラ(キュウセン)の体験

筆者は平成27年10月に釜山のチャガルチ魚市場を訪ねた。その時の様子は、No.143 海を隔てた魚食の違い(平成27年11月号と、No.143-2 海を隔てた魚食の違い(平成27年11月号に詳しく記しているのでアクセスして参考のしてほしいが、そこでベラ(キュウセン)に関する面白い体験をしたのだった。

チャガルチ魚市場の2階にある食堂で、下画像のベラだけでなく、手長ダコ、ホヤ、ユムシなどの魚をさばいてもらって食した。

ここでの出来事は韓国旅行の収穫の一つだった。それはレストランの調理人がベラを4尾調理するのに2分以内のスピードで調理する早業を自分の目で現認することが出来たからである。

その時の方法は、@ベラをまな板にのせ、腹を手前、頭を右側にして、目打ちする。Aベラのエラ蓋の横に切り込みを入れ、そのまま包丁を尾ビレに向かって大名おろしで滑らせていく(小アジの要領だと考えると理解しやすいだろう)B三枚おろしを完成させず、尾ビレの一歩手前で包丁を止め、皮の付いた身を尾ビレの左側にひっくり返す。C右の方に元の胴体、左の方に皮がつながったままの身を置いて、そのまま包丁を内引きの要領で左へと動かし皮と身を分離する。D今度は上身の調理をするために、腹を向うむき、頭は右向きのままで先ほどと同じことを繰り返すと、三枚おろしと皮引きが完了。E最後に腹骨を包丁で掬い取って終了である。

これを4尾分繰り返すのに2分はかからなかったのだから驚いてしまったのだ。

そして出されてきた刺身は上の画像であり、注文した料理の中では一番日本の刺身風だった。ボリュームをつける目的で「海藻ビードロ」という人工の大根ケン風の刺身ツマを山盛りして、その上に半身のベラ(キュウセン)が半身のまま4尾分盛りつけられていた。

この他釜山でのベラ以外の魚のことはFISH FOOD TIMES 平成27年11月号を読んでもらうことにして、ここで記すことはしないが、筆者がこの目で現認した食堂の調理人のスピーディーな作業方法を日本に帰国してから自分でも試すことにしてみたのだった。

以下の画像が韓国釜山で見た経験を自分で真似してみたベラのスピーディー調理方法である。

ベラの皮なし三枚おろしスピーディー調理
ベラ ベラ
1,ウロコはつけたまま、ベラの下身を上に向け、頭部を右、腹部を手前側に置き、胸ビレの横に柳刃で真っ直ぐ中骨まで切り込みを入れる。 5,皮を切り離した身の腹骨を、柳刃で左側へ動かして除去する。
ベラ ベラ
2,切り口からそのまま大名おろしの要領で尾ビレの方へ切り進み、最後の尾ビレの付け根は切り離さない。 6,次は上身を上にして頭部を右、腹部を向こう側に置き、先に下身でおこなった同じ要領で身と皮を分離し、最後に腹骨を除去する。
ベラ ベラ
3,切り離さなかった身を上に向け、皮を下にして、尾部の皮と身の間に柳刃の刃を入れて左へ切り進む。 7,身を外して残った中骨とウロコが付いたままの皮の状態。(画像には写っていないが頭部も付いたままである)
ベラ ベラ
4,柳刃をそのまま左へ切り進め、皮から身を切り離す。 8,皮なし、腹骨なしのベラの身

 

このスピーディー調理はウロコを除去せずに解体作業をしているが、ベラ科の魚たちのウロコはウロコ取り道具を使った手作業ではとてもやりにくいので、そのやりにくさをこの調理作業の方法で上手に乗り越えていることは面白いと思われる。


ベラ科のウロコは取りにくい

ベラ科の仲間たちのブダイ、イラなどの魚を扱う時、最初に苦労するのがウロコを取る作業である。ウロコは大きくて固くしっかり皮にくっついているので、普通の魚のようなやり方でウロコは簡単に取れない。そこで、ベラ科のブダイやイラなどのウロコを処理してきた筆者の経験から出てきた面白い方法があるので、このことに以下で少し触れてみよう。

これは過去に No.132 イラの刺身(平成26年12月号) で記していた内容の抜粋である。

ベラ科の取りにくいウロコを簡単に除去する方法(イラの例)

これは自分の親指を「ウロコの下に滑り込ませて取る」という方法である。この方法は筆者が勝手に「親指潜り」と名づけているけれど、自分の親指を尾ビレ近くの端の方からウロコの下に潜らせるように押していくと、ズルズルと何枚ものウロコが一緒につながるようにして外れるのだ。

普通のウロコ取りの道具を使うと、ほんの1枚のウロコでさえ皮にくっついて離れず、つい力任せになって身を傷めてしまう恐れがあるけれど、この方法だと不思議なくらい何枚も続いてウロコが外れる。

ところがこの方法には一つ欠点があって、それはヒレのトゲで自分の手を突き刺してしまう恐れがあり、実際に筆者は何度も突き刺して痛い思いをしている。そこで痛い思いをした筆者が次に考え出したのが、どこの家庭にもあるカレー用のスプーンを親指の替わりとして使う方法だ。

親指ほど絶大な効果はないものの、ウロコ取りの道具を使うよりは断然効率的な作業が出来るのは間違いない。

 

さて横道にそれたついでに、もう一つベラ科の魚に関するあることを記すことにしよう。それは、今月号でベラをテーマにしようと考えるきっかけになった出来事がほんの先日7月8日にあったからだ。

筆者が毎月2日間仕事で訪問している長崎県対馬市でのことだ。その日の夜、対馬市厳原の地元では美味しい料理を出すことで良く知られている筆者お気に入りの居酒屋「すみっこ」に入った。夫婦で経営されているこのお店はご主人だけでなく女将さんも魚のことは非常に詳しく、筆者が魚のコンサルタントという立場であることを弁えた上で、地元の魚のことを色々と教えてくれるので、筆者はお酒を飲みながら良い調子でお二人に対馬の魚のことをしっかり勉強させてもらっている。

これまで何度も通って顔なじみにはなっていたが、この夜は最後の方になって出された以下の画像の料理が初めての経験で、とても美味しかったのだった。

ベラ

それを見た時はポテトサラダなのかと思っていたら、キュウリをスプーンのようにして食べるらしく、今度は金山寺味噌のようなものかと推測して食べてみると、少し甘酸っぱい味でとても美味しかったので何という料理かと尋ねてみると、同席した地元の人からは「こんなことも知らないの・・・?」という視線を向けられてしまった。

これは「クサビ味噌」という料理で、原料は地元でクサビと呼ばれているベラだということだった。筆者は生まれて初めて食べたのだが、地元ではよく知られたソウルフードの一つのようであり、対馬生まれの人は幼少の頃から慣れ親しんだ魚料理だということだった。

クサビ味噌のことを何も知らない筆者に周りの人が口頭で色々教えてくれたのだが、酔っ払っていた筆者はほとんど何も頭に入れることが出来なかったので、後で調べてみると都合良く対馬市が今年の3月にネットで発表したばかりの資料が見つかったので、そのまま以下に紹介したい。

クサビ味噌の作り方
ベラ

 

この料理の作り方の説明を読むと、これもやはりウロコの存在が一つのポイントになっていることが理解できる。ベラを焼く時にウロコを付けたままなのは理由として、蒸し焼きにして旨みや香りを閉じ込めることや黒焦げの防止、そして皮から身を外しやすいこと、などが記されているので、たぶんその通りだと思う。しかし、いっぽうでは「昔の人もベラのウロコの取りにくさを知っていて、元々はこれを避けるために手抜きしたのではないか」ということも考えられると筆者は推測している。


身の色にも微妙な相違

ベラは上記したスピーディーな方法で、ウロコを取らず簡単に皮なしの三枚おろしに出来る。そして商品化する時は、比較的安い魚なので小ぶりの場合は半身のままにぎり鮨にすることも出来るのだ。それが巻頭画像の商品である。

ベラ

半身のままにぎり鮨にしているので、皮下の身の表面がそのまま直接上に見えているが、盛り付けられたにぎり鮨の身の色が、赤っぽかったり白っぽかったりしていて、微妙に違っているのが判るのではないかと思う。これはベラの皮の色がそのまま身の色にも反映されているのであり、赤っぽいのは魚体表面が赤色であり、白っぽいのは魚体表面が緑色だったベラなのである。

これは下画像のように薄造りの刺身にしても同じで、その色の違いを踏まえて赤と白の配色を互い違いに並べるなど、意図的にその色の違いを活用して商品化をしている。

ベラ

このような色の違いはブダイ科の仲間も一緒であり、青や緑や赤の魚体表面の色がそのまま身の色にも反映されている。しかし同じベラ科の最高級魚であるシロクラベラ(沖縄現地名マクブ)はそのような色移りのような現象はなく、透き通って上品な白身をしていて、これも高級魚たるゆえんだと感じられる。同じように、ベラの仲間の中では高級な部類として扱われるキューセンも透き通るような白身をしていて、このようなシロクラベラとキューセンに共通する透き通るような上品な身質の特徴が、ベラ科の中でも高級な位置づけにしている理由ではないかと思われる。


ベラの商品性と未利用性

釣り人の中には、ベラが釣れると「あ〜ッ、な〜んだ、ベラか・・・!」と言って、リリースする人も少なくないとのことであり、一般的にベラはそんな扱いを受ける下魚として位置づけられる可哀想な魚である。特に関東地域ではそのような風潮が強いとのことであり、西日本の瀬戸内海沿岸地域では関東のように蔑んだ扱いはしないようなのだが、やはりそれでもあまり高い位置づけにあると言えない魚である。

釣り人がベラを嫌う理由の一つは、釣り人が垂らした釣り糸の餌を小さな口でチョコチョコとつまみ食いするので、狙った魚が釣れる前にベラに餌を横取りされることがあることから、そもそもベラが美味しいとか美味しくないというよりも「ベラの野郎、また餌を横取りしやがって・・・」という悪感情がそこにはあって、釣り人特有の感情論からベラを嫌っていることもあるようなのだ。

また、釣り人がベラを嫌う別の理由として挙げるのは、ベラは釣果のサイズとしてあまり大きくないのに、ベラを調理しようとすると、エラ蓋はしっかり閉じて開けにくく、表面はヌルヌルとした粘液質が強くて扱いづらく、更には先に記したようにウロコはとても剥がしにくいときていて、ベラは料理をするとなると幾つもの扱いにくい要素が揃っているから嫌われる面もあるようだ。

いっぽう、釣り人ではなく魚の販売者としてベラはどうなのかと言えば、基本的にベラを販売対象魚として好んでおこなっている魚屋はほとんどいないと言えるだろう。瀬戸内海沿岸地域を除けば、ベラをパックして売っているスーパーを見ることはほとんどなく、料理のプロを相手にすることの多い魚専門店でも売るのに苦労するのでベラを取り扱うことに積極的ではなく、仮に入荷したとしても安い売価でさっさと売り飛ばそうとするのが普通なのである。

つまりベラは瀬戸内海沿岸の地域を除けば、どちらかと言うと商品としての価値をほとんど認められていない魚だと考えてよく、大枠では商業的な意味では「未利用魚」に位置づけても良いのではないかと考えられる。

そういう意味で長崎県対馬市の「クサビ味噌」というのは安い価格で手に入るベラという未利用魚を上手に活かした素晴らしい商品だと評価できるのではないかと思われる。しかしこのような一風変わった料理方法が出来るのは対馬などの一部地域に限られるはずであり、他地域の大部分では見向きもされない「下魚?」なのである。

筆者は「クサビ味噌」というのを初めて食べ、とても美味しいと感じたのだが、そんな美味しい食べ方も日本のほんの限られた地域のローカルフードでしかないのは残念である。魚の美味しい食べ方は、日本全国の様々な地方を訪ねてみれば、もしかすると昔から工夫されてきた面白い、そして美味しい食べ方がまだまだ存在しているに違いない。

魚を販売している全国のあなたの近くにも、あなたの知らない隠れた魚料理があるかもしれないのだ。もし長崎県対馬市の「クサビ味噌」のような発見が出来たら幸いである。そこにはまだ見ぬ新たな魚販売の可能性が潜んでいるかもしれないのである。


SSLで安全を得たい方は、以下のURLにアクセスすれば、サイト内全てのページがセキュリティされたページとなります。
https://secure02.blue.shared-server.net/www.fish-food.co.jp/

水産コンサルタント樋口知康が月に一度更新している
このホームページへのご意見やご連絡は info@fish food times

更新日時 令和元年 8月 1日