魚種・テーマでの索引はここをクリック
 
   Back No.
No.209 モンゴウイカ商品   令和3年 5月号
No.208 ビンナガ若魚平造り  令和3年 4月号
No.207  テングニシ刺身盛り合わせ   令和3年 3月号
No.206  ホウボウ姿造り   令和3年 2月号
No.205  鮭を二日に一切れ  令和3年 1月号
No.204 ハタハタ刺身&にぎり鮨 令和2年 12月号
No.203 青森の魚
令和2年 11月号
No.202 ツムブリ刺身
令和2年 10月号
No.201 チカメキントキ皮揚げ
令和2年 9月号
No.200 シマアジ刺身&鮨
令和2年 8月号
No.199 グルクン刺身姿造り
令和2年 7月号
No.198 スズキの商品化
令和2年 6月号
No.197 カツオ銀皮造り刺身
令和2年 5月号
No.196 ボタンエビ刺身
令和2年 4月号
No.195 ブリ商品
令和2年 3月号
No.194 ニシン骨切り
令和2年 2月号
No.193 魚屋鮨の魅力
令和2年 1月号
No.192 マダラの鍋用切身
令和元年 12月号
No.191 バンコク魚食事情
令和元年 11月号
No.190 ハガツオ刺身&鮨
令和元年 10月号
No.189 塩茹で花咲ガニ
令和元年 9月号
No.188 ベラにぎり鮨
令和元年 8月号
No.187 赤ウニイカ鮨
令和元年 7月号
No.186 イシガキダイ刺身
令和元年 6月号
No.185 アオダイ刺身
令和元年 5月号
No.184 ヨコワで作る刺身と鮨
平成31年 4月号
No.183 スルメイカを美味しく
平成31年 3月号
No.182 改めて、明太子とは?
平成31年 2月号
No.181 魚売場の活性化
平成31年 1月号
No.180 メスは冬、オスは夏
平成30年 12月号
No.179-2豊かな自然と多民族都市バンクーバー
平成30年 11月号
No.179-1成長企業がシアトルの未来を変える
平成30年 11月号
No.178ヒラスズキ鮨&切身
平成30年 10月号
No.177 メイチダイ刺身&鮨
平成30年 9月号
No.176 店内手作りタコ
平成30年 8月号
No.175 ウナギ鮨盛合わせ
平成30年 7月号
No.174 マアジのバラエティ
平成30年 6月号
No.173 ヒメダイ姿造り刺身
平成30年 5月号
No.172 クロダイ料理
平成30年 4月号
No.171 ヒメシャコガイ姿造り刺身
平成30年 3月号
No.170 ヌマガレイ刺身&にぎり鮨
平成30年 2月号
No.169 魚屋鮨スタイル
平成30年 1月号
No.168 ズワイガニ付加価値商品
平成29年 12月号
No.167 イタリア魚料理の一端
平成29年 11月号
No.166 シログチの平造り刺身にぎり鮨・切身
平成29年 10月号
No.165 アカヤガラにぎり鮨&薄造り刺身
平成29年 9月号
No.164 オオシタビラメにぎり鮨&薄造り刺身
平成29年 8月号
No.163 センネンダイ薄造り&炙り刺身
平成29年 7月号
No.162 スズメダイ料理
平成29年 6月号
No.161 イトヨリ昆布締平造り
平成29年 5月号
No.160 メナダ薄造り刺身
平成29年 4月号
No.159 オニカサゴ刺身
平成29年 3月号
No.158 マトウダイ薄造り刺身&にぎり鮨
平成29年 2月号
No.157 魚職不朽
平成29年 1月号
No.156 ヒラアジ薄造り刺身
平成28年 12月号
No.155 上海蟹料理
平成28年 11月号
No.155-2 上海魚料理
平成28年 11月号
No.154 赤イサキ刺身&鮨
平成28年 10月号
No.153 アオハタ薄造り刺身
平成28年 9月号
No.152 コシナガマグロ平造り刺身
平成28年 8月号
No.151 アカエイの刺身&鮨
平成28年 7月号
No.151-2 アカエイ料理
平成28年 7月号
No.150 アユの背越し姿造り
平成28年 6月号
No.150-2 アユの姿鮨
平成28年 6月号
No.149 スジアラ炙り刺身
平成28年 5月号
No.148 ミンク鯨畝須スライス
平成28年 4月号
No.148-2 ミンク鯨赤身の刺身&にぎり鮨
平成28年 4月号
No.147 スマの炙り平造りとにぎり鮨
平成28年 3月号
No.146 オヒョウ刺身
平成28年 2月号
No.145 ナマズ刺身薄造り
平成28年 1月号
No.145-2 ナマズにぎり鮨
平成28年1月号
No.144 ソロバン玉の串焼き
平成27年12月号
No.144-2 ボラの洗い造り
平成27年12月号
No.143 海を隔てた魚食の違い
平成27年11月号
No.143-2 海を隔てた魚食の違い
平成27年11月号
No.142 マイワシづくし(刺身&にぎり鮨)
平成27年10月号
No.141 ヒラマサ切身姿売り
(平成27年9月号)
No.140 グルクマ刺身平造り
(平成27年8月号)
No.139 トコブシ刺身盛合わせ
(平成27年7月号)
No.138 活アイゴ平造り
(平成27年6月号)
No.137 マナガツオ炙り平造り(平成27年5月号)
No.136 ハマダイ骨付き頭付き切身(平成27年4月)
No.135 サヨリ姿造り・にぎり鮨・酢の物(平成27年3月)
No.134 真鯛にぎり鮨(平成27年2月号)
No.133 生魚対面裸売りの勧め(平成27年1月号)
No.132 イラの刺身(平成26年12月号)
No.131 ロブスター刺身姿造り(平成26年11月号)
No.130 真サバ炙り平造り(平成26年10月号)
No.129 紅鮭ステーキ(平成26年9月号)
128 コイの洗い(平成26年8月号)
127 旬線刺身盛合わせ(平成26年7月号)
126 エツ刺身姿造り(平成26年6月号)
125 メバル薄造り(平成26年5月号)
124 旬のアマダイの鮨と刺身(平成26年4月号)
123 本マグロづくし刺身盛合わせ(平成26年3月号)
122 寒メジナにぎり鮨(平成26年2月号)
121 うなちらし(うな重)平成26年1月号)
120 アルゼンチンアカエビの魅力(平成25年12月号)
119 シドニーフィッシュマーケット(平成25年11月号)
118 生秋鮭焼霜刺身(平成25年10月号)
117 カンパチ腹トロ薄造り(平成25年9月号)
116 イスズミ平造り(平成25年8月号)
115 ヤリイカ姿造り(平成25年7月号)
114 イサキ姿造り(平成25年6月号)
113 ウマヅラハギ薄造り(平成25年5月号)
112 片口鰯にぎり鮨(平成25年4月号)
111 旬鮮刺身ちらし鮨(平成25年3月号)
110 生アナゴにぎり鮨(平成25年2月号)
109 魚屋鮨鉢盛り大トロ5カン入り(平成25年1月号)
108 アラちゃんこ鍋(平成24年12月号)
107 サーモンレタス裏巻き(平成24年11月号)
106 秋太郎平造り(平成24年10月号)
105 コノシロ糸造り(平成24年9月号)
104 活鱧の刺身(平成24年8月号)
103 Bad money drives out good money(平成24年7月号)
102 コチ薄造り(平成24年 6月号)
No.101 キビナゴ開き造り(平成24年 5月号)
No.100 アトランティックサーモン薄造り(平成24年 4月号)
100号より前の既刊号を見る

食品商業誌寄稿文

食品商業2020年3月号
食品商業2019年11月号
食品商業2019年10月号
食品商業2019年7月号
食品商業2019年3月号
食品商業2019年3月号-2
食品商業2018年12月号
食品商業2018年9月号
食品商業2018年6月号
食品商業2018年3月号
食品商業2018年1月号
食品商業2017年10月号
食品商業2017年6月号
食品商業2017年4月号
食品商業2016年9月号
食品商業2016年6月号
食品商業2016年4月号
食品商業2016年3月号
食品商業2015年12月号
食品商業2015年7月号
食品商業2015年3月号
食品商業2015年2月号
食品商業2013年7月号
食品商業2013年6月号
食品商業2013年5月号
食品商業2013年4月号
食品商業2013年2月号
食品商業2012年10月号
食品商業2012年9月号


SSLで安全を得たい方は、以下のURLにアクセスすれば、サイト内全てのページがセキュリティされたページとなります。
https://secure02.blue.shared-server.net/www.fish-food.co.jp/

ようこそ FISH FOOD TIMES へ

鮮魚コンサルタントが毎月更新する魚の知識と技術のホームページ

令和 3年 6月号  210

でかいタチウオ


15年前の意地悪な投げかけへの反省

弊紙がまだボリュームナンバーも付けていない2006年5月号でタチウオをテーマとして採り上げていた。その当時、このホームページで記していたコンテンツについて、筆者の本音の部分として「あれもこれも多くのノウハウを公開するなんてことは基本的にしたくない」というのがあった。その核心的なポイントは敢えて記述せず、あわよくば革新的部分を知りたいというニーズをきっかけに新規顧客の開拓に結びつけることが出来れば・・・、という計算が働いていたと記憶している。

ところが、その後15年間で180回を積み重ね、今月で210号ともなってくると、もう既にそんなケチ臭いことを計算するような気持ちは全く消え失せていて、今や筆者の頭の中は毎月更新するコンテンツを如何に充実したものに仕上げるかということへ明らかな変化をしているのである。

そうなると、FISH FOOD TIMES を立ち上げて5年目くらいまで記していたバックナンバーのコンテンツを見直した時、ここ最近のものと比較すると手抜きとまでは言いたくないものの、あまりにも説明不足というか、もっと記すことはあったはずなのに・・・、との反省が心に湧き起こるのである。特に2006年5月号のタチウオについては、読者に意地悪な投げかけをしたまま15年間放置していたことを何とかしたいものだと、心の隅に引っ掛かかるものがあった。

そこで今月号では、まずはこのことで筆者の気持ちをスッキリさせるため、この懸案事項を記すことからスタートすることにしたい。

15年前のあの時、以下の「タチウオ拍子木造り」はどうやって作成したのか分かりますかと投げかけ、そして下のテーブル内にある言葉を記して突き放していたのである。

「フィッシュフードタイムス」は、これ以上ポイントとなる部分を敢えて表現しない。饒舌に何もかもお喋りしてしまうことを「潔しとしない」からだ。意地悪なようだが、意外と簡単だから後は自分でお調べあれ。

 

このことを知っている人は以下を読み飛ばしてもらって結構なのだが、そうでない人は以下を参考にしてほしい。

タチウオ拍子木造りの作業工程
タチウオ
1,タチウオは身が厚いほど美味しくて価値があり、尾の部分の細くて薄い部位は価値が低い。そこで、この尾の部分を主に使用して刺身の拍子木造りにする。
タチウオ
2,長いヒレの下の付け根にある筋肉はマグロの分かれ身に相当する部位だが、これも刺身の材料として活用する。もちろん、骨が残っていてはいけない。
タチウオ
3,皮を除去するが、タチウオの皮は薄くて切れやすいので、上手に仕上げるのは簡単ではない。身の部分は棒状四角形の4層に分かれていて、指で簡単に分解できる。分かれ身の部分を含めると、細い身が合計5本となる。
タチウオ
4,バラバラにした棒状の四角形の身を寄せ集め、1寸(約3p)ほどの長さに切り揃える。
タチウオ
5,寸切りした身を5〜6本集めて、半分に切った大葉で丸め、盛りつけて拍子木造りが完成。

 

拍子木とは夜の見回りなどで「戸締り用心、火の用心」というかけ声と共に鳴らしたり、大相撲の呼び出しが鳴らすことでも知られている拍子を取るために使う木の道具であり、棒状四角形の形がそれに似ているとして、この刺身は拍子木造りと名づけられたようだ。

さあ、これで15年間抱え続けてきた一種の悔いのような心残りも解消できた。ここからは当時タチウオについての知識を有しながらも表現しようとしていなかった部分なども含め、新たな気持ちでタチウオのことを以下に記していくとしよう。


タチウオの漁獲量減少

FISH FOOD TIMES で前回採り上げた2006年当時、タチウオは全国で16,099dの漁獲量があったと記録が残っているが、直近2019年のデータでは6,374dとなり、約1万d近くも減少し半分以下となっている。さらに過去に遡ると、それどころではなく漁獲最盛期の1967年に68,307dあった頃と比較すると、タチウオの漁獲量は何と約10分の1以下になっているのである。

  

日本の産地別データでは、愛媛、和歌山、大分という瀬戸内海に接する県、そして長崎、鹿児島を含む5県がタチウオの主たる産地となっている。

海外でのタチウオ漁獲量は、2019年に、中国 920,000d、インド 220,000d、インドネシア 60,000d、韓国30,000d、ほどが漁獲されており、特に韓国は「カルチ」と呼ばれ、国民的に根強い人気を誇る高級魚として位置づけられている。

下の画像は、筆者が2015年に韓国釜山を旅した時に撮ったものである。

 

韓国釜山チャガルチ魚市場でのタチウオ販売光景

 

チャガルチ魚市場2階食堂のタチウオ唐揚げ

 

日本でタチウオ漁獲量が昔の10分の1になってしまった資源枯渇要因の一つは、タチウオを韓国に輸出すれば1〜2歳魚の小型魚であっても日本よりも高く売れるということで、全国で産卵親魚などのサイズも含めてタチウオを獲り尽くすような乱獲がおこなわれていたからだと言われている。

そして、その韓国は何故日本からタチウオを輸入しなければならなくなったのか、その原因は黄海、東シナ海などタチウオの好漁場で中国が年間100万d前後もの大量漁獲続けたことで、韓国の水揚げそのものが減少し、自国の消費する分を賄えなくなったことがその遠因となっているようである。


でかいタチウオ

しかし近年のこういう状況にも拘わらず、今年の場合は行く先々で筆者の皮膚感覚からすると、タチウオの大きいサイズがやたら多くて安いなと感じていた。このため今年は高級で高額な「でかいタチウオ」を扱うチャンスだと思うところがあったのだ。

その直感的なことを裏付けるような事実が以下のグラフに示されている。

 

今年は豊洲市場にタチウオが数多く入荷した分、価格もそれなりにこなれたものになったはずだが、その相場を平均価格で判断するととんでもない間違いを犯すことになる。なぜなら「でかいタチウオ」はその大きさがでかいほど高級で高額であり、このような業界用語でいわゆる「キロもの」と称されるタチウオは小さくて細い痩せたタチウオとはまったく別格の扱いになるからである。

今年はよく目にする「でかいタチウオ」は、それが標準和名タチウオ、学名Trichiurus japonicus なのか、それともテンジクタチなのか、オキナワオオタチ、なのか見極められるだろうか。日本ではこの3種が日本近海のタチウオ科タチウオ属として認められているけれど、オキナワオオタチはTrichiurus sp.1、テンジクタチはTrichiurus sp. 2 として扱われていて、実はまだ正式な学名がないのである。

テンジクタチやオキナワオオタチは2〜3kgはおろか、5kg以上になるのは珍しくないということだが、実は筆者もこれらを並べて比較できるような経験はなく、沖縄の知念市場で「沖縄のタチウオは目が大きくて、やたらでかいな・・・」との感想を持ったことはあるけれど、これをタチウオとは別種のオキナワオオタチとして詳細に観察したことはなかった。

また、これは当たり前のことだが、これらが切身や刺身になってしまうとその区別は出来るはずもなく、あなたが食べたでかいタチウオはまだ学名がないどちらかだったかも・・。


でかいタチウオの商品化

さて、巻頭に掲示した3枚の画像はすべて今年4月に作成したものであり、タチウオ入り刺身盛り合わせは4月にある指導先企業で商品提案した「旬鮮刺身盛り合わせ」であり、にぎり鮨と塩焼きは安く手に入れることができた「でかいタチウオ」で作ったものである。

「でかいタチウオ」は通称「キロもの」と呼ばれるタチウオのなかでも別格の存在であり、やはりその醍醐味は細ものタチウオでは味わえない焼き魚料理であろう。以下にタチウオを塩焼きにするための切身作業工程を記してみよう。

タチウオ切身の作業工程(腹部を切り開かない内臓除去方法)
タチウオ タチウオ
1,これがでかいタチウオ。幅1,200oのまな板にやっと収まるほど長過ぎる大きさなのて計量できなかったが、たぶん1.5kg前後。 6,このポイントは内臓を頭部に付けたまま腹部から除去することにある。内臓が腹部に残らないよう気をつけることが重要。
タチウオ タチウオ
2,最初に長い背ビレを切り落とす。 7,腹部を切り開かず、簡単にに内臓を除去することができた。
タチウオ タチウオ
3,出刃包丁の刃元を使って、タチウオの首付近に切り込みを入れ、背骨を切り離す。ただし、背中側の上半分だけに留め、腹側の下半分には切り込みを入れない。 8,でかいタチウオなので、多少幅を狭くして切っても充分に食べ応えのある大きさとなる。包丁は必ず刃先を斜めに傾け、少しでも身厚に見せるようにしなければならない。
タチウオ タチウオ
4,腹側に出刃包丁の切っ先部分で切り込みを入れる。しかし胸ビレの近く1〜2pだけは、意識的に切らず、残したままにする。 9,頭部側から5個の切身を作成したが、それ以降の尾部は切身にせず、刺身や鮨の材料にする。
タチウオ タチウオ
5,出刃包丁の刃元をタチウオの頭部に置いて強く押さえつけ、左手で胴体を引っ張り、頭部と胴体部を分離する。 でかいタチウオの切身

 

タチウオの腹を切り開いていない切身は焼いても形が良い、だから腹に切り口を入れないのが基本である。もし頭部を落とした筒切りを菜箸で内臓を掻き出そうとすると、この時期に重要な魚卵を傷つけてしまう恐れがあり、上記した方法が楽で簡単なのでお勧めなのである。

 

次は切身をつくった後に残る尾部の活用である。尾部は身が薄く可食部が少ないので、上記画像のような塩焼きにしても美味しく食べるのは難しい。そこで、細くて薄い部位でも美味しく食べられるように、尾部は刺身や鮨にするのがベターであり、それも焼き霜(炙り)にすると風味が増す。

タチウオ炙りにぎり鮨の作業工程
1,柳刃包丁を使い、大名おろしの方法で中骨の上を滑らせるように、尾ビレの端に向けて切り開いていく。 5,タチウオの尾部を、皮を上に向けてネットの上に置く。
2,タチウオの尾部を二枚おろしにした状態。 6,強い火力で素早く炙りにしなければ、身が薄いタチウオの身にみずみずしさが残らない。
3,中骨を下にして、柳刃包丁を使い、尾ビレの端に向け、滑らせるように切り開く。 7,タチウオは皮が剥げやすく、炙りの表面も活かしたいので、そぎ造りではなく、あえて皮の表面から薄造りにする。
4,タチウオの尾部を三枚おろしにした状態。 タチウオ炙りにぎり鮨が完成

タチウオの儲けは尾部の活用方法次第

でかいタチウオでない場合はどうするかと言えば、基本的に取り扱い方法は大きく変わらず、大きいか小さいかの違いだけである。例えば、以下の画像のような「キロもの」ではないものの、それなりの大きさの釣りもので、銀色のグアニン層がしっかり残っている刺身用タチウオはどのようにするか。

釣りタチウオの商品化
1 釣りタチウオの商品化イメージ 頭部側切身、尾部側は三枚おろし
2 釣りタチウオの商品化イメージ 頭部側切身、尾部側は刺身又は鮨へ
釣りタチウオ切身3切れ 釣りタチウオ刺身用の冊
釣りタチウオ切身2切れ  銀皮が剥げたら身を見せてフライ用

 

タチウオ切身の販売に際して気をつけなければならないのは、タチウオ頭部側は背の身が薄く、腹の身は丸くて厚いという見た目の特徴があり、切身をトレーに盛りつける時は必ず腹を目立たせるように上にして、背側を下にするように配慮した方が良い。こういうほんのチョットした細かいことが売れ行きに影響する。

さらに頭部側の身厚で太い部位と尾部側の薄くて細い部位を同じ容器に入れ込んで売るようなことをしないことである。部位によって使い勝手が大きく違うタチウオの切身を同梱したら、お客様の料理イメージを悩ませる原因をつくることになるからである。

タチウオは頭部側と比べると価値の低い尾部側をいかに無駄なく活用出来るかによって利益が大きく左右されることになる。薄くて細い尾部をいかに扱うか、タチウオの儲けはそこにあると言って過言ではない。


脂肪タップリの旨い魚タチウオ

さて、今月号もそろそろ締めに入りたいと思う。タチウオは銀色の細長い魚体なので「淡泊な味の魚」だと思っている人もいるのではないか思うが、それはとんでもない間違った認識である。

タチウオには多価不飽和脂肪酸のDHAが100g中に1,400mg、EPAも970mg/100g 含まれていて、何とその脂質の量は20.9mg/100g あり、タンパク質の16.5mg/100gよりも多い、という珍しい構造を持った脂肪タップリの魚なのである。

つまり、こういう脂肪構造を持った身質の魚は「旨い魚」ということだ。こんなに脂肪が多いことを感じさせない柔らかい身質は、焼く・煮る・揚げるなど、どんな料理にも応用が出来て、プロの料理人に好まれる魚の一つということである。

以前は高値で取引されてきた「でかいタチウオ」も今年は水揚げ量が増えて価格もこなれて来ているのは間違いなく、6月からの何ヶ月間は年間でも特に入荷が増える季節でもあり、価値のある「でかいタチウオ」を扱うには好機が到来したと考えるべきであろう。今月号のコンテンツを参考にして、タチウオの拡販が勢いを増すことになれば幸いである。


SSLで安全を得たい方は、以下のURLにアクセスすれば、サイト内全てのページがセキュリティされたページとなります。
https://secure02.blue.shared-server.net/www.fish-food.co.jp/

水産コンサルタント樋口知康が月に一度更新している
このホームページへのご意見やご連絡は info@fish food times

更新日時 令和 3年 6月 1日